座蒲を買ってみました

この度、座蒲(ざふ)を購入してみました。

座蒲は坐禅を組む時に、お尻の下に敷く分厚いクッションです。

姿勢が取れている時は背骨がS字カーブを描いている時だと言われますが、

これは骨盤がしっかり立っている状態を指します。

以前坐骨の話を投稿しましたが、骨盤が立っているとは、坐骨が座面に当たっている状態です。

 

S字カーブを保つ為に、椅子では背もたれで上手く調整しようとします。

一方坐禅では、この座蒲をお尻の下に敷くことによって骨盤を立たせ、

自然と背骨がS字カーブを描くようになっています。

それを試してみたくて、今回購入しました。

使った感想をまた投稿したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました