椅子の高さ

久しぶりの投稿になってしまいました。

今回は椅子の高さ(床から座面までの高さ)について書きたいと思います。

すでに知っている方も多くいると思いますが、

椅子の高さ(今回はデスクワークなど作業をするのに適切な高さについて)は、

人間工学という学問において基準値(あくまでも目安)を求めることができます。

以下に示しますので、是非1度計算してみて下さい。

 

椅子高(座面高): 身長 × 0.25 - 1

下手な絵で失礼します。座面高の説明です。

普段作業している椅子の高さと比較して、どうでしょうか。

ちなみに私も計算してみました。

身長が156cmなので、理想の椅子高さは38cm。

そして実際に使っている椅子は…42~3cm程。

靴を履いている分高さを増しても、理想高さは 38.625cmなので高すぎます。

高すぎると、どういう問題が起こるのか。

椅子が高すぎると、踵が床についていない状態になります。

踵が浮いていると体重の多くが太ももにかかってしまい、

太ももの血行が悪くなるので足がむくんできます。

まずは1度、椅子の高さを測ってみて下さい。

測ってみて、椅子を理想の高さに設定してみて下さい。

むくみや腰痛などの原因が取り除かれるかもしれません。

しかしながら、多くの場合次の問題にぶち当たると思われます。

それはまたすぐに書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました