樹功

大変遅ればせながら…

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 

樹功をしてきました。

樹功というのは、通っている整体の先生が教えてくれました。

樹林気功という言葉はあるそうですが、それとは違うようで、

‛樹功’という先生独自の言葉で表すのが適切だと考えられたようです。

なので‛樹功’という言葉は検索してもでてきません。

 

では具体的に何をするのかというと、

樹にもたれて(または左手を当てて)、2~3分じっとしているだけです。

何をしているのかというと、

樹との気(エネルギー)の交流をしています。

悪い気を出して、良い気を取り入れる。

やっているうちに身体がポカポカと温かくなるのを感じるようです。

 

ということで、勧められていた樹功をやっと試してみることになりました。

樹は何でも良い訳ではなく、先生が色々な樹を試してきた中で、

ヒメユヅリハという樹が1番良いそうです。

でもヒメユヅリハどんな樹かも、どこにあるのかもわからない…

と思っていた矢先、友人がそんなことを知らずに、

ヒメユヅリハの群落がある神社を教えてくれました。

タイミングがすごいなと思いました。行きなさいという事なのかなと。

 

と、前置きが長くなりましたが樹功をしに神社へ行ってきた訳です。

しかしながら、ヒメユヅリハが中々わからない。

写真を見るのですが、似ているヤマモモという樹との区別がいまいち…

断然ヒメユヅリハの方が本数は多いのに、惑わされます。

おそらくこれだという樹に見当を付けて樹にもたれてみました。 

んー、身体が温かいような、果たしてこれなのか…

残念ながら私には敏感に感じる能力が今のところないようです。笑

ただ樹にもたれて、じっとして、気持ちが落ち着いたなという感じ。

すごく感じやすい人は、ピリッと感じたり、ぽかぽかしたりするようです。

 

やっぱり駄目だったかと思いつつ、

でも、この空間に身を置いて気持ち良かったという事が、

そうなのかなと思いました。

考えてみたら、1回やったくらいで高度な技術が得られないのと同じで、

1回もたれたくらいで、ピリピリこないよなと…

あと感じたいあまりに邪念が。笑

樹功も何回もやって、楽な気持ちでもたれて、研ぎ澄まされて、

徐々に感じられる事なんだろうなと思いました。

 

感じられないと落ち込まなくても、きっと樹や自然からのエネルギーは

知らないうちにたくさん頂いていますし。

朝日や夕日の前で黄昏たり、月や星を眺めたり、森林の中を歩いたり。

 

樹功、気持ち良いのは確かなので、自分と相性の良い樹を見つけて

実践していこうと思います。

自然だけでなく、家族や友人との空間もしかりです。

人によってエネルギーの補給方法は違うようなので、

自分の心地よい空間を見つけられたら良いと思います。

靴のはなし

靴ひもの締め方のポイントを教えてもらいました

先日、奈良町で靴工房をされている方のお話を聞く機会がありました。

工房では、まずお客様の歩行時の癖や身体の歪みを観察し、

整えた上で靴の制作工程に入るそうです。

 

整体教室に通うようになってから、その人に合った椅子をつくるには、

身体の仕組みを知るだけでは駄目だと思うようになっていました。

人の身体は1人1人違って癖も色々あるし、

例えば、右肩が上がっている人は左足が短くなっているとか…

でもその傾向はあってないようなもので、当てはまらない人もいたり。

私自身がその傾向に当てはまっていなかったりします。笑

だから人の身体はちゃんと観察してみないとわからないです。

観察して歪みを調整して椅子を作る。

歪んだままの身体に合わせて作るのは考えてみればおかしいです。

このような思いがあったので、今回お話を聞くのがとても楽しみでした。

 

話は自分の足のサイズを測定するところから。

足の測り方、サイズの選び方、ソールの硬さなど、

まずは基本的な靴選びのポイントを教わりました。

(インソールが外れるものは)インソールに足を合わせて、

捨て寸(実際の足のサイズより+αの寸法)や足幅をチェックします。

今まで靴屋さんに行っても、とりあえず履き比べるだけだったので、

インソールでチェックするは、新鮮な感じでした。

ストレスのなく長く履きたい靴を探すには、このようなチェックが

必要なのですね。

 

椅子に置き換えると、どういうことだろうかと考えました。

市販されている椅子には、高さが1種類のものもあれば、

低め・標準・高めと3種類揃っているものもあります。

座っていて足が地面についているかどうかは重要なポイントです。

具体的にはまた別で書こうと思いますが、

低すぎては背中が丸まってしまう。

高すぎては足がぶらぶらして地面に力がかけられない。

これらの状態では良い姿勢を保つことは難しいと思います。

まず基本的な寸法を抑えることが重要だと改めて思いました。

椅子選びのチェック項目はまとめていきたいと思います。

 

話を靴に戻します。

靴はひも靴が良いそうです。なぜ良いかと言うと、

ひも靴は締めたり緩めたりすることで、その時の足の大きさに合わせて、

足と靴をフィットさせることができるからです。

足の大きさはむくみなどで朝と夜とでは違います。

夜むくみが取れて、靴が少しぶかぶかになった靴を履いていると、

靴を掴むように歩いてしまいます。

スリッパで歩くのを想像して下さい。疲れると思います。

ひも靴の場合、ひもを締め直すことで

また足に靴をフィットさせることができます。

 

講義では、靴ひもの締め方も教えてもらいました。

足は地面に着けないで履く。(かかとをトントンした状態のまま)

足の親指と小指の付け根の位置からしっかり締める。

帰り際にひもを締めてもらいましたが、自分で締めて履くのとは

フィット感が全く違いました。やり方でこんなにも違う。

脱ぎ履きする時、めんどくさくても、

ひもを一回ずつ緩めて、締めてをしないとなと改めて思いました。

習慣化…習慣化…

 

まだ色々話があったのですが、また書きたいと思います。

とりあえず今日はここまで。

足と靴

計測した足の圧力分布

先日、ランニングシューズを購入する為に足の計測をしてもらいました。

何となく自分の足の特徴はわかっていたつもりですが、

改めてデータを見ると、自分の感覚は合っていたのだなと思ったり、

逆に気づいてなかったなと発見する事もありました。

  

整体教室では自分の足に合った靴を選定する事が大事だと教わっています。

これは、身体の不調の大体が足先か手先にあるという考え方からです。

合わない靴を履いて過ごしていると、足が無理をして骨が変位したり、

筋肉が緊張したり…この状態をすぐにケアできれば良いのですが、

なかなかそこまで気を付けている人は少ないかもしれません。

足が無理をしてどうにもならなくなると、次に膝、骨盤、腰…という具合に

どんどん不具合の場所が移動していきます。

様々なケースがありますが、足の緊張を取ってあげると膝の痛みが消えた

ということもあるので、足は非常に重要な場所だという事がわかります。

だから靴選びを侮ってはいけません。

  

今回は、靴を選ぶ際に自分の足を知る事が大事なように、

椅子を選ぶ際は、身体を知る事がまず重要だという事が言いたかったのですが、

足メインの話になってしまったので、次は椅子について書ければと思います。

捻挫をする時は

昨日姉が捻挫をしました。ということで捻挫の話です。

 

私も2年前くらいに、段差を降りる際 結構ひどめに捻りました。

しかも同じところで3回くらいです。

その時にも整体に興味があったので、色々本を読んでいると、

捻挫をするのは、身体のバランスが偏っているからと書いてありました。

左右のバランスが違うと重心がどちらかに偏り、

大した動きじゃなくても、片方に力がかかった時に捻りやすいそうです。

言われてみると当然のことなのですが、だからと言って次捻挫をしない為に

身体のバランスを整えようとする人はあまりいないように感じます。

大体、体重が増えたから減量しないととか、

足首が弱いからトレーニングしようとかになるのではないでしょうか。

もちろんそれも原因ではあるかもしれませんが、

足だけに着目せず、全体をみることが大事だそうです。

ちなみにバランスを整えようと思ってから捻挫はしてません。

油断は禁物ですが…

 

姉の捻挫は軽く済んだので良かったです。

また身体のバランスからチェックさせてもらおうと思います。

脚の長さ

 

身体の仕組みが知りたくて、1年前くらいから整体教室に通っています。

先日の整体教室で、左右の脚の長さが違う場合どういうことが考えられるか

という話になりました。

まずは大転子の位置をチェックし、左右の腸骨位置がズレてないかを調べ、

左右差があれば位置が揃うように調整します。

腸骨位置の左右差があると、重心もどちらかに偏ります。

座っている状態を考えると、自分の骨盤が傾いているので、

どんな椅子に座っても重心が左右どちらかに偏ります。

そうすると痛くなった方のお尻をかばう為に良くない姿勢をとってしまいます。

  

このようなことを考えると、

今使っている椅子が合ってない、疲れやすいという悩みを持っている方は、

椅子のサイズや形を見直すことも大事ですが、

その前に自分の身体をチェックしてみて下さい。

腸骨の位置を調整すれば、座りやすくなったということがあるかもしれません。

  

ただし脚の長さが左右で異なる原因は、腸骨位置のズレではない場合もあるので

見極めが大事です。過去の捻挫が原因のものもあるようです。

座位が変われば暮らしが変わる

座位(座る)とはどういうことなのか。

この本を読むまで、説明できませんでした。

基本的なことを知らずに、

椅子という身体と密な関係にある家具をつくろうとしていました。

  

座位とは、坐骨結節に体重が支持されている姿勢です。

詳しくは本に記載されているので省略しますが、

いかにしてこの座位姿勢をとれるようにするか、ということが書かれています。

  

この本に書かれていることを実践したところ、

姿勢が整うと、食事がすすんだり、表情が良くなったり、

前よりも自立して座れたりと様々な変化がみられました。

もちろん上手くいかない事もありましたが、

それよりも姿勢を整える事で得られた変化に、単純にすごさを感じました。

介護施設で働くことがなければ、こんな経験はできていなかったと思います。

  

『座る』は奥深くて、とても面白い。

きっかけ

『座位が変われば暮らしが変わる』

今、私がやりたいと思っていることのきっかけとなった本の名前です。

  

20代半ば頃から、家具工房で家具の制作を教わっていました。

家具を作りたいと思うきっかけはあったのですが、

自分が何をつくりたいのか? という具体的な構想はありませんでした。

  

当時、家具を学びながら、介護施設で仕事をしていました。

家具の会社ではなく、介護の会社。

人と関わる、体を動かす仕事がしたいと思って選んだように思います。

福祉用具・家具にも興味がありました。

  

施設にいる利用者さんの多くの方が車いす生活で、

座っていても自ら姿勢を保つのが難しく、

体が傾いていたり、食事を摂りにくそうにしていました。

どうにかならないものか…

  

ある時、先輩の職員さんが、

「前の職場では、食事の時は車いすから椅子に座り替えてたよ」

と言われました。

車いすで姿勢が崩れているのに、椅子に座り替えて大丈夫なのだろうか?

見守り付きで利用者さんを車いすから椅子に移って頂きました。

すると、真っすぐ座っておられる。

もちろん見守りは必要ですが、車いすの時より全然良い!

すごく衝撃的だった気がします。

(※利用者さんによっては、椅子に座り替えることが危険な場合があります。利用者さんの状態、職員の配置など色んな事を考えた上で実践する必要があります。)

  

その事があってから ‛座る’ ことについて調べ始め、その本に出会いました。

思えばきっかけは、先輩のお言葉でした。

とても感謝しています。

  

長くなりそうなので、続きはまた次回。