脚の長さ

 

身体の仕組みが知りたくて、1年前くらいから整体教室に通っています。

先日の整体教室で、左右の脚の長さが違う場合どういうことが考えられるか

という話になりました。

まずは大転子の位置をチェックし、左右の腸骨位置がズレてないかを調べ、

左右差があれば位置が揃うように調整します。

腸骨位置の左右差があると、重心もどちらかに偏ります。

座っている状態を考えると、自分の骨盤が傾いているので、

どんな椅子に座っても重心が左右どちらかに偏ります。

そうすると痛くなった方のお尻をかばう為に良くない姿勢をとってしまいます。

  

このようなことを考えると、

今使っている椅子が合ってない、疲れやすいという悩みを持っている方は、

椅子のサイズや形を見直すことも大事ですが、

その前に自分の身体をチェックしてみて下さい。

腸骨の位置を調整すれば、座りやすくなったということがあるかもしれません。

  

ただし脚の長さが左右で異なる原因は、腸骨位置のズレではない場合もあるので

見極めが大事です。過去の捻挫が原因のものもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。